映画【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】感想

鑑賞情報

2019 09/01 10:55〜

TOHOシネマズ小田原 スクリーン7

E-12

 

以前から【10本撮ったら映画監督を辞める】といっていたタランティーノ監督の9本目の作品、【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】を鑑賞しました。

絵柄が2種類あるということでムビチケも2枚購入したのですが、9月は新作映画が多いのでもう1回観に行く時間が取れるか厳しいです。

 

それでは感想です。

 

想像以上に【やさしい】映画

鑑賞前は、当時ハリウッドで起こった悲劇に関わる出来事を描いた作品ということで、ラストは悲劇的な内容になるかと思われたのですが、タランティーノ監督は史実を改変して【シャロン・テート生存ルート】という脚本を採用しました。

正直言ってタランティーノ監督は我が強いうえに女性蔑視と思われるようなところもある人物なのですが、この作品では史実では悲劇的な最後を遂げたシャロン・テートに対し、未来に繋がる素敵なラストシーンをプレゼントしました。

映画公開当初はネタバレ厳禁とされていたのですが、この展開なら納得です。自分も含めてこの事件に対しての思い入れのような物を持っている人は多くないと思いますけど、今なお関係者の心に棘のように残っている事件を【無かったことにする】というのは決してご都合主義なんかではないと思うんですよね。

 

これがタランティーノが望んだ【ハリウッドの真実】なのでしょう。

 

キャスト

ディカプリオ&ブラピは流石の演技と存在感なのですが、逆にこの2人だけに注目してしまうと途端に映画が薄っぺらく感じられてしまうので注意が必要です。

リック・ダルトンとクリフ・ブースは主役ではありますが、ハリウッドにとってはとても中心人物といえる存在ではないですからね。

 

むしろハリウッドにとってはシャロン・テートの方がよほど重要人物ですね。マーゴット・ロビーの演技は最高でした……自分の作品を映画館で観る場面は、この作品の中でも最高のシーンだと思うのですがラストシーンまでは【悲劇の前の一欠片の幸せ】かと思って胃がキリキリしましたよ。

 

歴史改変

ラスト前の史実に逆らった襲撃シーンは残酷描写もありましたが伏線回収の巧みさもあってスッキリさせてもらえました。

心配していた悲劇も回避されてやっと一安心できましたしね。

 

個人的には襲撃者撃退後のリックが隣人であるロマン・ポランスキーとシャロン・テートと知り合いとなるラストシーンが最高に幸せでうれしいです。

正直いって落ち目の俳優であるリックは、上り調子のポランスキー夫妻に苦手意識を持っていたと思うのです。

ところが実際に話してみると彼らはリックのファンで想像以上にリスペクトしてくれているのです。

 

このラストの後、引っ越しを考えているリックだったけど、もしかしたらこれを切っ掛けに【もう少し頑張ってみようか?】とか考えてくれたらうれしいですね。

 

総評

70/100点。内容的には最高なんですが、ちょっとダレる場面があったのが残念。公開版はもっと大胆に編集して、ソフト版で今回の編集を収録したら2度楽しめたんじゃないかなぁ?

 

あと、ブルース・リーとのくだりで批判的な意見も見られますが、個人的には【彼にもそういった部分があったかもしれない】という可能性をある程度の説得力をもって表現できた時点でアリだと思います。体格も小さく近眼のブルース・リーには実戦での実力に疑問が残る部分もありますからね。

映画【引っ越し大名!】感想

鑑賞情報

2019 09/01 8:15〜

小田原コロナシネマワールド シネマ1

G-12

シネマイレージのことを考えたらTOHOシネマズで鑑賞するべきだったのですが、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドをハシゴしたかったのでコロナでの鑑賞となりました。

それにしても、当日は1日で鑑賞料が安くなっているというのにムビチケで鑑賞というのはちょっともったいない気がしますね。

それでは感想です、

“映画【引っ越し大名!】感想” の続きを読む

普段映画鑑賞をしない人の映画の見方が興味深い

2019年9月13日、茅ヶ崎市民文化会館で行われた映画【二宮金次郎】の上映会に参加した時の話。

イベント開始のあいさつの前に【携帯電話の電源はお切りください】とのアナウンスがあったにもかかわらず、上映中に数え切れないほどのLINEの通知音(だと思う)の通知音が鳴り響き、非常に不快でした。

“普段映画鑑賞をしない人の映画の見方が興味深い” の続きを読む

映画【ロケットマン】感想

鑑賞情報

2019 08/24 12:55〜

TOHOシネマズ小田原 スクリーン7

I-12

今年ワーストの二ノ国を鑑賞後、気を取り直してロケットマンを鑑賞しました。

エルトン・ジョンはそこまで思い入れがあるというわけではなく楽曲を知っているレベル。

それでは感想です。

“映画【ロケットマン】感想” の続きを読む

メモ帳を最後まで使い切れません

私が現在プライベートで使用しているメモは情報カード+ジョッターです。

トトノエ クリップボードのレビューはこちらの記事です。

出先でメモをとる際、こちらに書き込んでからスマホの手帳型ケースに放り込んで後で確認するというのが主な使い方です。弱点としては情報カードの消費が激しいことでしょうか?

 

また、職場でのメモ書きにはロディアのNO.11を使用しています。

連絡用のメモを記入後、切り離してからファイルに挟んで使用します。ポストイットを使用していた時もあったのですが、高くついてしまうのでロディアに落ち着きました。手元に何冊も在庫があったのも好都合でしたし。

 

さて、最近部屋の整理をしていた際に測量野帳のパクリ商品である無印の【手のひらサイズポケットノート】を大量に発見してしまった(一時的に販売中止していた際にヤフオクで安価にまとめ売りしていたのを購入したもの)ので、しばらくの間メインのメモ帳として使用を考えています。

手のひらサイズポケットノート✕19冊

ただ、私はこの手のノートタイプのメモ帳を最後まで使い切れないという弱点があるので、そこだけが気がかりです。

“メモ帳を最後まで使い切れません” の続きを読む

日本ではなんで電動バイクが普及しないんだろう?

電動スクーターnotte V2を購入してから5ヶ月ほど経ちます。

信じられないことに、同じ車種とすれ違ったことが一度もありません。

 

パワー不足なところはありますが、経済的だし本体価格も安いのになんで普及していないのでしょうか?

“日本ではなんで電動バイクが普及しないんだろう?” の続きを読む

【塗り絵】オタク向けコレクションアイテムを考えてみた【バッジ】

ボークスで【塗るプラ】という商品があります。

created by Rinker
¥972 (2019/09/17 03:20:25時点 楽天市場調べ-詳細)

これは【プラモデル】ということになってはいますが、塗装がメインで組み立てはオマケのようなアイテムです。

 

それでも立体物ということもあって敷居も高いですし、完成品も小さくて地味です。

 

これは【塗装をメインに据える】という最大のコンセプトは良いのですが、その結果として購入層のフォーカス……そして商品自体が【ズレて】しまったのではないでしょうか?

 

私が考える塗装メインの立体物は【レリーフ状のバッジ】です。

“【塗り絵】オタク向けコレクションアイテムを考えてみた【バッジ】” の続きを読む

映画【二ノ国】感想

鑑賞情報

2019 08/24 10:45〜

TOHOシネマズ小田原 スクリーン4

I-9

 

あなたは映画館でこの作品の予告を見た時、そこはかとない地雷臭を感じませんでしたか?

薄暮については企画や監督自体に地雷感があったので、期待半分と怖さ半分で観たんだけど、この作品の場合は純粋に予告の出来だけで冷や汗をかきましたからね……ある意味、答え合わせなのですがムビチケ購入しちゃうのはどうなのかなぁ?

 

それでは感想です。

“映画【二ノ国】感想” の続きを読む

手持ちの【飲み会のルール】が少ない

本日、友人との飲み会で本厚木の鳥貴族に行ってきました。本来なら愛甲石田駅近くの万年山という場所での開催の予定でしたが、8月末に閉店とのことで急遽変更となりました……あのもやし炒めはもう味わえないのか……。

 

ちなみに私は基本的にアルコールがなくても問題ない人間なので、参加する飲み会は親しい友人との集まりとかネットビジネスの集まりの後の懇親会のようなものに限られます。

数少ない飲み会の場所は、チェーン店によくある大体同じような価格帯で、同じような面子での飲み会がほとんどなので飲み会のルールも同じようなモノとなります。

結果として、様々な飲み会を体験しなかった分、手持ちの【飲み会のルール】が少ないまま40半ばまで過ごしてしまいました。

“手持ちの【飲み会のルール】が少ない” の続きを読む