夜遅くまで活動するため【あえて寝る!】

最近は常時睡眠不足です。やらなくてはならないことが多すぎて【時間をかける】以外の対処法が無いからです。

 

結果として寝るのは夜中の2〜3時がザラで、起床は6時25分にアラームをセットしています(2コールで起きます)。睡眠時間は3時間といったところですね。

 

ただ、起きている時間帯はずっと活動しているわけではなく、細かく仮眠を取って少しでも体力が続くようにしています。

昼12時から45分間の昼休みの時間帯は必ず15分目を閉じることにしています。これによって午後3時あたりに襲いかかる眠気を軽減できます(完全にはなくせません)。

 

また、夕方5時15分から残業開始までの15分間も可能な限り休むことにしています。

 

そして重要なのが仕事が早めに終わって残業時間が1時間30分以内だったら帰宅後の入浴→夕飯の後に1時間寝てしまうということ。

 

そのまま起きていると12時過ぎたあたりで活動限界が来ますが、途中で1時間寝ると3時まで頭を使えるので1時間以上時間を有効利用できます。

 

ここで重要なのは1時間の仮眠でアラーム前に目が覚めてしまったら仮眠を切り上げるということ。睡眠時間は減りますが起きていられる時間は変わらないのでお得です。あと、2度寝すると今度こそ起きられなくなった挙句、深夜3時くらいに目が覚めてしまいます。

 

まぁ、この方法は自分に合わせたやり方なので万人にはお薦めできませんが、長時間の作業時間を確保するために【あえて寝る】という方法は頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA