小型プロジェクションマッピングを活用するビジネス

プロジェクションマッピングという技術がある。

プロジェクションマッピング (Projection Mapping) とは、コンピュータで作成したCGとプロジェクタ等の映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し、時には音と同期させる技術の総称をいう。

※ウィキペディアより

最近のプロジェクションマッピングは巨大なものがほとんどだけど、ここはあえて小さなアイテムに施すことによってスモールビジネスとして活用するのはどうでしょうか?

たとえば個人経営のカフェ。

シンプルなカップのコーヒーやパンケーキにプロジェクションマッピングを施してお客様に提供するというのはどうでしょう。

 

シンプルなカップやメニューでも豊富なデザインが都度ランダムで施されれば、これを目当てにインスタ映えを狙って通う客が来るんじゃないかなぁ?

 

自由度の高さという意味ではアニメコラボのカフェなんかでも需要がありそうですね。ただ、オタクの場合は体験と同じくらい実際のグッズも重要視するので、プロジェクションマッピンで用いたイラストを利用したグッズ(カードやバッジのような大量に用意できるもの)をプレゼントするのもいいかもしれません。

 

基本形は同じで季節や企画によって次々とバリエーションを変更することが出来るプロジェクションマッピングを利用したカフェ……少ない投資額で大きな反応が見込めるのではないでしょうか?