同人誌の装丁シミュレーター

最近、togetterで同人誌の装丁についてのまとめを見ました。

 

こういうまとめを見るのも楽しいのですが、自分の想定していない出来になってしまうと印刷&加工代が高価なこともあり、取り返しがつかないと思うんですよ……(装丁だけに)。

 

そういったことのないように自身の用意した表紙絵にサイズ、用紙、印刷方法、加工を重ねて実際の本がどういった状態になるのかを再現してくれるシミュレーションがあれば便利だと思いませんか?

手順

  1. まずは表紙に使用する絵を自分で用意します。これは表紙だけでも背表紙を挟んだ表1、表4の繋がった画像でもシミュレートできます。
  2. 出来上がりの本のサイズやカバーor表紙なのかを決めます。背表紙の厚みも決めることが出来ます。
  3. 印刷方法を決めます。4C、M→KPに変換4C、5C、単色、多色etc。単色、多色はインク色も設定できます。
  4. 用紙を決めます。アートポストなどのシンプルな物から特殊紙まで幅広く選択可能です。
  5. 加工その1。PPやマットPPなど用紙全体への加工がメインです。
  6. 加工その2。用意したタイトル画像による箔押し、エンボスがメインです。
  7. 加工その3。特殊サイズの断裁、角丸加工(Rや数も指定)、型抜きなどの表紙をカットする加工。

選択が終わったら実行すると実際に同人誌として形となった画像をシミュレートしてくれます。スペースの卓上に並べた画像、手に取った画像、ダンボール箱に収まった画像、本棚に並べた画像などが表示され、保存することやSNSやpixivなどへのシェアが可能です。

同時に、この装丁を実行できる印刷所へのリンクが貼られます。

 

機能自体は中高生がよく利用する無料画像加工サイトの機能を同人誌シミュレーションとして特化すれば実現可能だと思います。

 

なんでしたら、1回のシミュレーションに投げ銭レベル(100円とか)の金額を徴収する代わりに、出力されるリンクから同人誌を注文すれば割り引きになるサービスをすれば、同人作家は失敗のリスクも減らせますしサイトも運営費用くらいは捻出できるようになり、同人誌印刷所も客を得ることになると、それぞれ利益になるのではないでしょうか?

 

こういうの得意な人、ぜひお願いします。

 

今まで同人誌を作らなかった人でも完成形を見せられると興味を持つ可能性がありますしね。

 

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA