原付のリアボックス

今度購入する予定の電動スクーター【notte V2】はシート下にバッテリーが収まっているので荷物が入りません。

一応、半帽のヘルメットなら収納できるのですが、原付とはいえ安全性に難のある半帽をかぶって運転するのには抵抗がありますのでジェットやフルフェイスをかぶるようにしています。シート下に収められるのは登録の書類と合羽くらいのものでしょう。

 

ということで必然的にリアボックスを取り付けることになります。

でも、他になんかやりようはなかったのかなぁ?

シート下の収納スペースは確保しておく

最初からシート下にフルフェイスのヘルメットが入るだけの収納スペースは確保したうえで、バッテリーを別の場所に設置するというのはどうでしょうか?

例えば

  1. バッテリーが荷台と兼用になっていて、シートの後ろに突き出るようにしてセットする
  2. 電動なのでガソリンエンジンの時に存在したマフラーの代わりにダミーのマフラーのような円筒形のバッテリーをセットする
  3. 後輪の両サイド、サイドバッグの位置に大型のバッテリーを付けて航続距離を伸ばす

などです。原付だと、1や2は割と現実的な手法に思えるのですがいかがでしょうか?

 

最近は電動アシスト自転車のバッテリー位置も色々と個性的なものがあるので、電動スクーターも使い勝手の良い収納とデザインを両立させることは出来るのではないでしょうか?

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA