バイクの金属部品が破損しました

乗り始めてから2年を超えた電動バイクnotte V2ですが、新たな破損部分を発見しました。

場所は後輪右側にある外装を固定するための金属製のステーです。

外装の内側、画面中央が破談した部分

出勤途中にガタガタと音がするようになったので、駐輪後に外装を固定しているネジを締め直そうとバイク内に常備しているドライバーを使ったのですが、別にネジ自体は緩んでいませんでした.

そこで外装を掴んだまま動かして緩んでいる部分を確認してみようとしたら外装と本体を固定している金属のステーが破断していることに気付いたのです。

私も通勤途中で砂利道を走ったりするので過度な振動が影響したのでしょうね。事実、同じような理由で外装のネジで固定している部分がポキッと折れたこともありますので、こういう可能性もあるのかと思いました。

まぁ金属部品の前にプラスチック部品の方がイカれると思っていたんですけどね。

とりあえずバイク屋に修理してもらうとしても部品を取り寄せて交換するしかないので今回は頼みません。破断した部分を元の位置にまで戻して針金でグルグル巻きにして固定し、表面をお湯で固まるプラスチックを利用して保護する形で対応しようと思います。材料を購入するまでは通勤コースを変更して出来るだけキレイな振動の発生しづらい道を通ることにすれば週末までは別の部分が破損するようなことも無いでしょう。

このバイクに乗るのもあと1年ってところですからね。騙し騙し対処して乗っていくつもりです。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です