万年筆の使用を再開しました

ついにボールペンのリフィルを使い切ったので、しばらく使ってなかった万年筆(kakuno EF極細字)を引っ張り出しました。

勉強に使う場合はシャーペンでもいいのかもしれないけど、書き残すことが重要になってくる日々のノートへの筆記には消えないペンを使用するのが基本です。擦れて読めなくなったりページを汚してしまう可能性がありますからね(経験済み)。

久しぶりに使う万年筆は少し書き辛くなっていました。ペン先が劣化したとかいう問題ではなく、書き味の硬いEFのペン先への慣れがすっかり無くなってしまったことが原因です。

半面、コンバーターはインクを使い切った状態で保存していたのが良かったのかインクの吸い込みも良好です。それでも、今後も使い続けるのであれば太くてもいいのでもう少し柔らかい書き味の物を選んだ方が良いのかもしれません。同じkakunoのFに乗り換えるのであればコンバーターを転用出来るのですが、この機会に別の銘柄を試してみようかなとも思います。

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です