一撃筋肉痛のトレーニング効果

仕事の関係で重量物を取り扱うことがあります。一応、重い物はクレーンで吊り上げることになってはいるのですが、掴む場所があって30kg程度でしたら自力で持ち上げることも多いです。

ですが、金曜日の夜勤の最中に想像より重い部品をバランスの悪い状態で持ち上げた結果、その一回で筋肉痛になってしまいました。

部品は長さ2m×幅20cm×厚さ1cm程度の鉄製フレームで、普通の鉄板なら200×20×1×7.85(1㎤の鉄の比重)÷1000(g→kg)=31.4kgなのですが、所々に補強で分厚い部分があったり、溶接済みのブラケットで出っ張っている部分があったりするので実際には40kg近くあったようです。

この重量がハンガーに方の高さで平行に吊り下げてある状態から、自力でフックを取り外し両腕で抱えて腰の高さのパレットに積み替える際、右腕に荷重が集中して一撃大ダメージとなったわけです。

体験したことはないんだけど、自分の限界重量のバーベルを用いた筋トレって、こういった状態を意識的に行うことなんでしょうね。

実際問題、右腕の上腕二頭筋(力こぶの部分ね)が熱を帯びて腫れてしまったイメージがあります。左手で握ってみてもいつもより太さが増している感じがあります。

 

こういうのを体験すると筋トレをするのにも少し躊躇が出ますね。近所のスポーツジムが7月5日までキャンペーンを行っているので入会するつもりではあるんですけどね。