カテゴリー
医療

背中に湿布が貼れない

今までの疲れ出たせいなのか、単に寝相が悪かったからなのかは分かりませんが、背中の痛みで起き上がれませんでした。

正確な場所は左の肩甲骨の左上から右下にかけて……ただでさえ身体が固く可動範囲が狭いというのに、背中の痛みも加わって到底手が届きそうにありません。

仕方がないので皺の寄った汚い貼り方になってしまった湿布を剥がれる度に交換して対応しましたが、もったいないうえに貼り直してもキレイに貼れません。

 

こういう時用のアイテムを購入する必要がありますね。

 

とりあえずそれっぽいアイテムを見つけたので注文してみたのですが、表記されている対応サイズと医者から貰ってストックしてある湿布のサイズに若干の差があることが不安です。

 

また、いくらAmazonプライム会員とはいえ翌日に届いた頃に商品の使用価値がなくなってしまう(痛みが回復してしまう)可能性もあるので、家族で使えるように自分の部屋ではなくリビングの棚にある薬箱に入れておく方が良さそうですね。

 

こういった単一素材のシンプルな作りをした便利グッズは100円ショップで取り扱うとヒット商品になると思うんですけど、特許などもあって難しいんだろうなぁ。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です