アニメへの視点と感想

自分が現在書いているアニメの感想はオーバーロードⅡだけです。

この作品の感想を書く時、どうしても原作小説の存在が影響して『原作ではこういう書き方をしていて、自分はこう思っていたんだけどアニメではこのような演出がなされていた』というような文章を書いてしまいます。

 

これがどうにも情けない!

自分が本当に書きたいのは、この目で見た作品そのもののはずなのですが、実際にはアニメで見たエピソードに該当する原作小説との比較についてしか感想が書けていません。

 

ヘタに原作を読んでいるものだからこういったアプローチになってしまうのは仕方ないとして、もっとアニメそのものについて語れるよう新たな視点を獲得したいです。

 

自分がオタク的な視点でアニメを見始めたのは中学生の頃に見た【赤い光弾ジリオン】からなのですが、作画や声優などスタッフについて詳しく知らなかった分、あの頃のほうが動きや止め、カットの変更タイミングなどアニメを形成する根幹部分を注意して見ることができたように思います。

 

知識を得たことでアニメの見方がブレたことは否定できませんね。

 

今後、作品を楽しむための新たな視点を見つけることはできるのかなぁ?

 

そして、その視点を盛り込んだ感想を書けるようになるのかなぁ?

 

いい歳こいてもまだまだアニメ視聴の初心者かもしれません。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です