プラモデル作りに必須のアイテム

先週の土曜日、飲み会に行く前に厚木のポストホビーで30MM 1/144 eEXM-17 アルト[ブルー]を購入しました。

量産機であることを売りにしているプラモデルなので、最終的に何機も組み立てることになるでしょう。

とりあえず最初はパチ組してみるか……と思いながら工具を引っ張り出したのですが、私がプラモデルを組み立てる際に必ず使用している工具をなくしてしまいました。

 

それが極細の丸ヤスリとピンバイスです。

 

パチ組なので特に改造を施すわけではありません。

組み立て前にパーツのダボ穴にヤスリやピンバイスを刺して穴を多少緩くするのが目的です。

 

バンダイなど大手のメーカーなら問題ないのですが、海外の模型や古い模型はダボ穴とピンの合いが悪く、普通に組むだけなのに段差ができる場合があるのです。

 

そこでダボ穴の径を広げて組み合わせに多少の遊びを作ってやり、きっちりと面が合った所で瞬間接着剤で固定するというのが私のいつもの組み立ての手法です。

以前はピンの方を切っていたのですが、パーツがあまりにズレてしまうので困っていた所、年上のモデラーに穴の方を広げることをアドバイスしてもらいました。

 

正直、バンダイの最新のモデルだからズレなんかは気にせず組めると思うんですけど、いつも行っている手順を飛ばすのも気持ちが悪いんですよね。

 

そんな良い物である必要はないんだけど使用自体は必須なので適当に購入しておかないと……

 

それにしても、どこへやっちゃったんだろう?大掃除のときに間違えて捨てたかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です