オーバーロードⅡ第7話感想

久しぶりのアインズ登場……ただしやっていることは寂しくなった懐の金勘定。

オマエは給料日2日前の今のオレか!

 

ということでオーバーロードⅡ第7話感想です。

お金がない

シャルティアの復活を見れば分かる通り、ナザリックには大量の金貨やお宝があるのですが、現地で使用することに問題があり、冒険者としての収入からしかカネを使うことが出来ず、至高の御方たるアインズが金欠で苦しんでいます。

 

でも、ナザリックで所有しているアイテムであれば、低位のモノでもある程度の金額で売れるだろうし、ギルドのNPC鍛冶師が作った武具でも販売すれば、あっというまに懐は潤うと思うんだけどこの発想には至らないのかなぁ?

 

まぁ自作アイテムを売ることには気付いていないとして、たとえ低位のアイテムでもナザリック宝物庫の物を売ることには抵抗があるんでしょうね。このガイコツ、ラスボス戦までエリクサー使えないタイプのゲーマーだw

 

ポンコツさんへの注意事項

おつかいに出すナーベラルにクドいくらいに注意事項を伝えるアインズ様。やはり彼女を相棒として冒険者をすることにしたのは第一期最大のミスだったのではないでしょうか?

 

あの時、ルプーかソリュシャンにしておけば……

 

クライムの1日(前編)

自己鍛錬→1ガゼフ(単位)との差を痛感する→小太り&蝙蝠との遭遇→姫とその友人とお茶&お話(そしてイチャつく)

小説の文章ではなくアニメで見るとサラッと流されている感がある。結構情報量は多いんだけどしっかりと説明されているわけではないのでアニメだけ見ても伝わらない部分が多いのが残念。

 

イケメン、問題発生

前回ツアレを助けたことにより厄介事に巻き込まれたセバス。こう言っては何なのですけどセバスは【優しい】というより【お人好し】なだけなんですよね。【誰かが困っていたら助けるのは当たり前】とはいっても、それに伴う結果についてはあまり深く考えずに行動してしまう。

本人も気にしていた通り、やっぱりコレは【呪い】なんでしょうね。

 

ソリュシャン、チクる

アインズにセバスの行動を密告するソリュシャン。アインズが鈴木さんの素が出るくらい驚かされる辺り、かなりの衝撃を受けたもよう。

 

しかし、しっかりと報連相が出来る彼女はやはり優秀だなぁ。駄犬(ルプー)ならこうはいかない。

ちなみにこの密告はソリュシャンのカルマ値が-400で邪悪なのが関係しているわけではなく、シモベとして当然の行動。セバスの方こそ反逆と取られてもおかしくありません。

 

さ〜て、来週のオーバーロードⅡは

ガイコツによる圧迫面接って次でしたっけ?今回はエピソード的に【繋ぎ】っぽかったので次回は更に面白くなりそう。

 

今週の感想はこんな感じ。

 

また一週間、放送を待つのかぁ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です