最近は太いペン先が好み

私の使用しているペンですが、職場ではチェックリストに数字を書き込む程度なのでラフに使える1.0のボールペンです。

自宅でノートに書き込むのはM(中字)の万年筆。細かい図や細かな修正を入れる文章を書くのには0.7のシャーペンを使用しています。

なんだか昔と比べて使用するペン先が太くなってきた気がします。

昔は筆圧が強く、細いペン先で書いていても線に強弱が付いていました。この時は実際に使用しているペン先のサイズが線の強弱の一番細い部分になります。

一方、今は万年筆の太いペン先で書いていても線に細い部分を含めた強弱が付いているように見えます。この時、使用しているペン先のサイズが線の強弱の一番太い部分になります。

筆圧をかけて線を太くするのではなく、力を抜いて線を細くするようになったということですね。

ちなみにシャーペンの場合、普通に各分には線の太さは変わらないのですが、力加減で濃い線と薄い線が生まれて線に表情がつくようになりました。自分にしか分からない思い込みみたいなものですけどね。

 

これは学生時代に比べてペンで文字を書く機会が増えた結果生じた変化なのかもしれません。この自然なテクニックが高校の漫研時代から同人活動をしていた時期までに身についていたら良かったんですけどねぇ……

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です