映画館は特典をどのくらい用意しているのだろう

明日、4月16日よりガールズ&パンツァー最終章第3話は来場者特典として先着順で生コマフィルムが配布されます。

私も翌17日に特典目当てで3回目の鑑賞をするため座席の予約を行いました。この手の入場者特典配布は何度も経験しているので特典が無くなる前にちゃんと貰えることは分かっているのですが、それでも無事受け取るまでは不安です。

映画館は特典をどのくらい用意しているのだろう?

特典は集客のためのプロモーションの一環なのである程度の数を用意する必要があると思います。

特典を気にして出来るだけ早く劇場に足を運ぼうとするのはコアなファンが気にしすぎているだけで、特典配布の週末いっぱい(配布開始の金曜日から日曜日まで)までは特に慌てるまでもなく受け取れる可能性が高いです。

映画館で満席というのもあまりありませんし、意外となくならなさそうです。

 

そういえば入場時に映画の特典を受け取り、鑑賞後に劇場スタッフから【間違えて前の週の特典を配布してしまったお客様がいるので希望される方は交換を受け付けます】と声をかけられたことがあります。特典目当てで観客が殺到するようなタイトルではない場合、前の週の特典が余ってしまうこともあるというのを実例をもって確認できました。

ちなみに余った特典は映画館で処分されたり映画会社に戻されたりします。あつぎのえいがかんkikiの前に経営していた【アミューあつぎ映画.comシネマ】で響け!ユーフォニアムやラブライブが上映された際に数量限定で特典の生コマフィルムが配布されたことがあったのですが、これは各劇場から回収された特典が名画座的な遅い時期の上映にあわせて再び特典として用意されたことの証明になるかもしれません。

 

でもやっぱり特典の具体的な数は知っておきたいですw

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です