もしかして悪いのはバッテリーじゃないの?

新しいバッテリーに換えた初日は、あれだけ調子の良かった電動バイクですが、それ以降は走りに元気が出ません。

もしかしたら悪いのはバッテリーじゃなかったのかもしれません。

初日のバッテリーは、販売者さんが満タンまで充電した状態で発送してくれたので、そのまま搭載して走った結果、新品の時のパワーと持続力を発揮し、職場までの2往復を充電無しで乗り切ることができました。

しかし、それ以降に自宅で充電をした時は充電器に緑のランプが点灯している状態でも満タンになっていない感じです。

そこで気になったのが充電器の基部のコードの被膜の破れている部分。

もしかしたら、この部分に抵抗がかかって最後まで充電しきれていなかったのかもしれません。元々使っていたバッテリーも、劣化をしたとはいえ満タンまで充電されていたらもうちょっと走った可能性があります。

とりあえずオークションで充電器に入札してみました。これで新車の頃の走りに戻るのであればいいんですけどね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です