多色ボールペンは長文に向かない

みなさんは多色ボールペンを持っていますか?

探せば誰でも1本は所持していると思います。ただ、これってノートに長文を書くには意外と使い辛いんですよね。

多色ボールペンの利点は一本で複数の色を使えることです。

ボールペン以外にもシャーペン機能まで備えた物もあります。価格的に見てもガワに豪華さを求めなければ安価です。

ただ、機能を小さなボディに収めた結果、どうしても構造的に脆い部分が生じます。

そして、これが金属製のボディだとしても、多数のリフィルを内蔵するため筆記の際にペン先が軸の中心から微妙に傾いてしまいます。

結果、書き味も落ちるうえに荷重のかかり方が不安定になりボディの劣化を早めることになります。

 

この結果、私は多色ボールペンを手帳へのちょっとした書き込み程度にしか使わなくなりました。職場でのチェックリストへの書き込みにも使用していたのですが、コンクリートの床に落としただけでシャーペンの機構が壊れてしまったので使用するのを止めました。

少なくとも自宅でノートに筆記する際にはシンプルな機能の筆記具を使用した方がいいです。

多色ボールペンでの長文筆記は十徳ナイフやマルチツールについている小さなナイフを工作やポテチの袋開けなどといった、あらゆる切断に使うような【機能に対する拡大解釈】と同じタイプの歪さを感じてしまうのです。

まぁこれは極端な例えですけどママチャリや折り畳み自転車で長距離サイクリングはしないでしょ?……いや、時々修験者みたいな人いるけどね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です