缶バッチの需要

こういうことを書くのは何なのですが、腐女子(変換一発目でこちらの文字が出るのもアレだな……)の方々の缶バッチによるアピールがよく分かりません。

 

コレクションとして考えると、どうしても紙モノの方がファイリングの面で有利だと思いますし、立体化するのであれば最低でもレリーフとか七宝焼(ピンズ)のような【立体として価値のある形状】が良いと思ってしまうのです。

 

そう考えるとラバーキーホルダーは半立体であることを活かしたグッズだと思います。

色やパーツで段差がついているだけなのに立体のように見えますし、単なる平面と比べて存在感が増します。

 

それに比べるとバッチはなぁ……

 

時々あの小さなスペースを有効活用したデザインなんかも見受けられるのですが、それにしたってキャラクターを囲むための額縁としてしか機能していないんですよね。

 

同人グッズとして身内で楽しむだけならこれくらいでいいのかもしれないけど、コンテンツやキャラクターにお金を落とすマニアに向けてキャラクター部分を浮かせたり、透明パーツや切り抜き加工を施すなどのHG仕様のバッチぐらい出てきてもいいんじゃないかなぁ?

 

いや、むしろ本物のファンがそういったアイテムを自分で作っちゃうほうがいいのか……

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA