TOHOシネマズ海老名の物販混雑対応を考える

本日ガルパン最終章第2話鑑賞のためTOHOシネマズ海老名に足を運んだのですが、朝7時

30分の段階でフロアが人で溢れかえていました。

 

特に物販はレジに並ぶ人の列でごった返しており、入場やコンセッションでのドリンク&ポップコーンの販売にも影響が出るほどの混雑でした。

 

もうちょっとスマートな列整理はできなかったのかなぁ?

 

TOHOシネマズ海老名の入口からすぐ左側に階段があり、上の階は映画の上映待ちに利用できるスペースになっています。バイトが少ない時や客があまり入らない平日などは閉鎖していることもあるので【有意義に利用されているのか?】と聞かれると微妙なところです。

 

2007年に【ヱヴァンゲリヲン新劇場版】が公開された際、このスペースが物販の専用スペースとなっていて混雑の対処に貢献していたと思いました。

 

あれから何作か話題の大作が公開されていますが、同じように利用されたことは無かった気がします。映画館側からしてみたら人員の配置や客の導線など利点よりも欠点の方が大きかったのでしょうか?

 

それでも、このメリットは捨てがたいので、上のデッドスペースになりつつある空間を利用して新たなフロアのレイアウトを考えてみるのはどうか?と思うわけです。

 

個人的な意見として、

  • メインフロアの物販は通常通りとして、混雑時は上のフロアに物販スペースを設置。
  • コンセッションの列は長い列を形成してフォーク並びで注文する。
  • 上記列形成は体の不自由な方等のための別列を用意して対応。

これだけ徹底しておけば、ある程度の混雑でも十分対応できると思うんですけどね。

 

また、今日はシネマイレージカード入会のためのテーブルが用意されていましたが、リピーターを作るためのチャンスとはいえ、この混雑の中では邪魔なんじゃないかなぁ?

 

それこそvitの配置されているスペースを有効的に利用してカード入会窓口を設置したり、上のフロアで入会手続きしてもらえばいいのに。

 

なんか、本気でレイアウト考えたくなってきましたw

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA