売れ残ったムビチケはどうなるの?

鑑賞待ち前売り券

鑑賞した映画のムビチケを集めるようになってから気になり始めたのですが、売れ残ったムビチケってどうなるんでしょうか?

 

前売り券は【公開前日、または売り切れるまで販売する当日券より安価な入場引換券】です。

人気作品だったり魅力的な特典がオマケについているような作品でしたら早々に売り切れてしまいますが、上映館が少ないマイナーな作品やあまりにも超大作すぎて劇場が大量に準備してしまった作品などは売れ残ることになります。

 

この売れ残ったカードの【その後】が知りたいのです。

 

個人的な予想ですが、劇場から映画の配給会社に戻されたあと廃棄されるか、上映期間が過ぎた所で業界人のアカウントから【使用済みムビチケカード】としてコレクター向けにオークションに流れるんじゃないかと思っています。

 

……そう。このカードコレクション性があるんですよね。

 

いっそ、映画館では使用済みのムビチケを購入できるカードダスベンダーのような機械を設置してもいいんじゃないですかね?

 

コレクターならカード1枚200円くらいなら映画代と同じくらいつぎ込んでくれますよ?

個人的には2、300円だと安すぎてあっという間に在庫が切れてしまうから、時々未使用品とか共通鑑賞券なんかを混ぜて1回500円とかで販売してほしいですね。

 

映画配給会社としても廃棄するしかないチケットの有効活用になるじゃないですか。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA