映画を観るときに腕時計をする

自分は映画を鑑賞中に腕時計をします。

高価なものではなく、バックライトすらないけど信頼性は高いくせに激安なカシオのチプカシです。2016年の9月24日にAmazonで購入した履歴が残っていました。

普段は職場の壁に養生テープで貼り付けていて、週末に剥がして映画館で席についてからスマホの電源を切り、代わりに装着します。

 

 

腕時計を着ける理由は、もちろん時間を知るためなのですが、作品に集中しないで時間を見るのってどうなの?と思われる方もいるでしょう。

 

これはオタキング岡田斗司夫氏の著作に影響を受けたからです。

 

この本の中で【ハリウッド映画は30分毎に展開が変わる】と書かれているのですが、この情報を知って以来、映画のシーンで大きなことが起こると、つい上映開始からの時間を気にするようになってしまいました。

 

逆説的に、【30分刻みの前後に含まれない部分にあるイベントはミスリードやフェイクとなる可能性がある】ということにも気付きつつあります。

 

まぁ劇場で時間を調べるのも面倒なのでネット配信の作品で時間を気にして楽しみの足しにするくらいならすぐにでも体験できるのではないでしょうか?

 

自分は映画の感想にも活かしたいのでこれからも時間は気にするようにしますけどねw

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA