手帳の禁断症状

2019年はスケジュールの管理をスマホアプリ【Life bear】で行っています。

 

たしかに使いやすく利便性もあるのですが、1ヶ月ほど利用して紙の手帳を持たない禁断症状のようなモノが出てきました。

 

例えば紙のスケジュール管理ですと、日付ごとのマス目をまたいで書き込むことによってイベントのある日同士を関連付けて捉えることができます。

 

また、日付のマス目を特定の色に塗って作業の進行情報をひと目で確認できるようにできたりもします。

 

アプリのスケジュール管理だと未来の予定は立てやすいんですけど現在進行系のイベントの管理には不向きなんですよね。

 

もうしばらくは我慢しますけど、3月くらいから【やりたいこと】と【やらなくてはならないこと】で1日の使い方が今よりずっとシビアになるので、管理が出来なくなるようでしたら春スタートの手帳を購入することにします。

 

スマホだけで全てを把握できる人って凄いよなぁ……