エヴァでコロナが加速する?

2021年1月23日、ついにヱヴァンゲリヲン新劇場版の完結編が公開されます。

でも、関東の一都三県では緊急事態宣言の真っただ中ですよね?はたして無事に公開出来るのでしょうか?

独りよがりな予想ではありますが、この公開を切っ掛けにコロナの感染者数が一気に増加するのではないか?と考えています。

というのも、カジュアルなファンの多い鬼滅の刃とは異なり、エヴァは【濃い】ファンの多い作品です。多少体調が悪かったとしても可能な限り早いうちに鑑賞したがる人も多いでしょう。

また、最速上映を予定している映画館もありましたよね?この状況下なら中止されるとは思いますけど観客が減るわけではありません。感染症対策が徹底されている映画館とはいえ、こういったタイトルの場合はリスクが高くなるのは確かです。

 

ただ、こんなことになったそもそもの原因は制作がグズグズと伸びてしまったことによるものです。新劇場版の開始は2007年ですよ?このシリーズを楽しみにしていながらも完結を待たずに亡くなってしまったオタク友達も3人出てしまいましたし、いくらなんでも長くかかりすぎました。公開年に生まれた子供がチルドレンになる年齢までかかるとは……

 

ということで待ちわびたファンの無理な行動で映画館が再び閉鎖されるようなことだけは勘弁してほしいですね。私も鑑賞にはタイミングを見計らおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です