カテゴリー
模型

ミニチュアフィギュアブームこないかなぁ?

シタデルカラーを購入する前に【最初に作るミニチュアフィギュア】を選ぶためGoogl画像検索で塗装済み完成品を見てはニヤニヤする日々を過ごしています。

 

でも、手で握って隠れる程度の大きさのミニチュアでも結構なお値段がするんだよなぁ……

確かに作りは精巧なのでこのお値段も納得はできます。

 

ですが今日びガシャポンフィギュアでもそこそこ精巧なモノがありますし、キャラクターモデルでいうとガンプラやミニ四駆なんかの価格設定を考えるとかなり割高に感じてしまうのです。

 

これは生産数の問題なのでしょうか?大量生産すればもうちょっと価格が下がると思うんですよね。

 

ガシャポンフィギュアはネタ方向に走る作品もありますが、もっとガチャーネンのようなタイトルが出てきて、【購入者が塗装をして完成させる楽しみ】が浸透すれば日本でもミニチュアフィギュアが盛り上がると思うんですけどねぇ。

 

そのためのタイトルは、やはりガンダムなのだろうか?現在コンビニで取り扱っているようなミニチュアモデルを未塗装未組立にする代わりにもっと精度を高めて500円程度で販売するのです。

 

ここで重要なのは専用塗料の販売。バンダイで出すでもクレオスと共同開発するでもよいのでシタデルカラー並の性能の水性塗料を安価で大量に出してもらえませんか?模型界隈でも大評判になると思いますよ。

 

【日本人は手先が器用】だとか【日本のモノ作り】なんて言われてはいますが、それはあくまで実際に手を動かしている人間のお話であって、最近の子供たちに当てはまることではありません。

 

未来への投資という意味でもモノ作りに関係するホビーを広く若い世代に広げていってほしいですね。

 

 

まぁこれまでの話、全部自分の欲望に対する言い訳なんですがw

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です