カテゴリー
blog

このブログ、スマホで見るかPCで見るか

最近ブログのアクセス解析を確認してみたら、想像以上にスマホでのアクセスの割合が多かったです。

 

このブログ、訪問される方は基本的に検索からたどり着く【目的記事に対しての一見さん】なので、文章メインとは言えPCからのアクセスの方が多いかと思っていました。

カテゴリー
アニメ

Netflixのゴジラはココがいただけない!

Netflixで【GODZILLA 決戦機動増殖都市】が視聴できるようになりました。

 

GODZILLA 決戦機動増殖都市

※Netflixのリンクです

 

映画も楽しませてもらいましたし、久しぶりに見てみようと再生したのですが最後の最後でガッカリすることがありました。

カテゴリー
blog

継続は力なり〜最近のアクセスの傾向

このブログには【新しい記事は読まれない】という特徴があります。

カテゴリー
ライトノベル

【小説を読もう】って必要?

仕事の休憩時間や電車での移動、布団に入ってから眠るまでの間と、ちょっとした空き時間があると小説家になろうを巡回しています。

小説家になろう

それはさておき、小説家になろうには関連サイトとして小説を読もうというサイトがあります。

小説を読もう!

一応【なろう】は書き手主体のサイトで【読もう】は読み手主体のサイトということになって入るのですが、内容はほとんど同じでTOPページのアドレスも【読もう】が【なろう】の下位に用意されているだけで同じサーバー内です。

……もう【小説を読もう】いらないんじゃないですか?

カテゴリー
買い物

今年もまたTeeFuryの季節が来る

TeeFuryというサイトが有る。

http://www.teefury.com/

もともとは1日限定で公開、予約注文できるサイトオリジナルデザインのTシャツ販売サイトだったが、最近は過去に発表されたデザインも購入できるようになった。

販売価格は24時間限定の予約注文で12ドル、過去に発表されたデザインで22ドルです。昔は過去のデザインは購入できなかったので、お気に入りのデザインに出会うために公式twitterからの通知が入ると毎日アクセスしたものです。

それが希少価値こそ減りましたが、あの日見逃したデザインが、いつでも購入できるようになったのです。

過去作は予約の倍額近いですが、それでも普通の服屋で販売されているデザインTシャツより安価ですし、まとめ買いもハマる!

自分の場合はアニメ、ゲーム、映画ネタのデザインで見繕ってTシャツを着る季節の前に数枚まとめ買いします。基本的に欠番、売り切れは無いようなので安心して1シーズン着倒します。気に入ったデザインなら来年またリピートすればいいし、安価な商品なので友達に気軽にプレゼントしてもいい。

オタク的な利点としては他の人とデザインがかぶらず、知っている人が見れば思わずニヤリとするマニア向けデザインのTシャツが手に入ること。もう夏コミで成人向けサークルの列で同じTシャツ着ている参加者とかち合って、『あいつらTシャツも性的嗜好もお揃いかよ……』と白い目で見られることもありません(なんだ、その変に現実的な状況は←過去にあった実話)。

これよりレアなデザインTシャツが欲しければ、Tシャツラブサミットとかヤフオクなんかで購入するか自作するしかないでしょう。価格的に見ればTeeFury一択ですね。

なお、購入には別途で送料がかかりますが、エアメールやEMSなど配達速度に料金や保証、追跡番号の有無によって金額が変わるので希望の方法を選択してください。

多すぎてどこからデザインを選べばいいのか分からないという方は、キーワードサーチ(英語)で探してみてください。例として、簡単な検索結果のリンクを貼っておきます。

 

ゲーム

映画

ゼルダの伝説

もののけ姫

過去デザインを探せばきっとお気に入りの一枚に巡り会えます。

今後、ここ以外でTシャツは買わなくなるでしょう。