紙の本という贅沢

先日、【二度目の人生アニメーター】が完結しました。

私が紙の本で購入しているマンガがまた一つ減ったということです。

 

ただ、この作品を知った切っ掛けがたまたま書店で見かけての衝動買いだったので紙の本で購入していただけなので、後日kindleで全巻買い直すことになると思います。

永らく本棚に並べ続けることになるような作品だと、かえって電子書籍で持っていた方がいいんですよね。

紙の本こそ読み捨てというか試しに購入するべきで、自分に合わないようだったら古本に出すなり捨てるなりが可能ですからね。

 

今後は現在紙で購入している作品が終ったら全ての新刊は電子書籍で購入することになるのでしょう。

死ぬまで紙で持ち続けるのは電子版が出ていないFSSくらいになるのでしょうね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。