シネコンごとにドリパスのようなサービスが必要だと思う

みなさんドリパスはご存知ですか?

「ドリパス」は、皆様からいただいた上映リクエストを元に、上映イベントを開催するためのサービスです。
ファンの皆様のチカラ(リクエストなど)で、あの作品の上映イベントを実現させてください!ファンばかりが集まる上映イベントは、普通の映画館での鑑賞とはまったく別物の満足感が味わえます。

※サイトの【ドリパスとは】より引用

ただ、あまりにも選択肢が多いうえに、票が集中してしまうので本当に観たい作品の上映リクエストがかなう確率はかなり低いです。

いっそ、各シネコンが同じような企画で上映イベントを行えばいいのになぁ、と思いました。

上映する作品が溢れている時は素直にそれらを上映すればいいとは思うのですが、それではどこの映画館も同じ作品しか上映しないというつまらない状態になってしまいます。

このままだと取次の言うがままに同じような本を並べた結果、大型書店やAmazonに駆逐されてしまった個性のない町の本屋と同じ道を辿りそうです。

 

昔なら名画座や二番館が支配人のチョイスで独自のラインナップで上映していたんですけど、シネコンは基本的に大まかな枠組みは同じで、余裕のあるスクリーンに何本かの選択肢の中から作品をあてるといった形式ですからね。

 

ここに劇場イチオシのタイトルを上映すれば他の映画館との差別化もできて良いと思うんですけどね。

 

ここで重要なのが、リクエストを取る場合には必ず来場したお客さんの声から判断すること。TOHOシネマズだとチケットを見せて入場する際にスマイルアワードの投票用紙渡されたりしますけど、ぶっちゃけスマイルアワードとか興味ないんで(オイ、代わりに何本かの上映候補作品を書いた用紙を渡して投票してもらうのがいいと思います。

単にネットで投票するだけだったら冷やかしが出ますからね。

 

各劇場の支配人の独断でもいいと思いますよ。シリーズ物の大作を上映するから前作を期間限定で上映したり、内容的に関係のある作品を上映してみたりね。

 

シネコンはスクリーンの多さが売りじゃないですか。売り上げは大事かもしれないけど、1スクリーンを使って上映作品で個性を出すことが結果として固定客を作ることに繋がると思うんだけどなぁ。