ファッション系の断捨離

いくら部屋を片付けても基本的に容量以上のモノが存在する以上、いくら片付けてもキリがありません。

 

溢れかえっている本を処分すれば解決するのは理解しているのですが、ぶっちゃけ本を手放すのには抵抗があります。どのくらい抵抗があるかってBOOKOFFでせどりをした本でも最低一回は読まないと売りに出さなかったり、結局本棚に収まってしまったりするくらい。

 

そこで、自分にとって興味の薄い分野で断捨離を行うことにしました。それが【ファッション系断捨離】です。

 

 

ルールは簡単、

  • 一年以上着ていない服は廃棄
  • デザインの被っているシャツは廃棄
  • 下着にしている白Tシャツはヘタっていない物から5枚残して廃棄、ストックは封を開けずにキープ
  • パンツはヘタっていないものから4枚残して廃棄、ストックは封を開けずにキープ
  • 靴下は5枚残して廃棄、同じデザインでも左右1セットで使用し片方だけ穴が空いてもセットで廃棄、ストックは3セット以内

これを適用した所45Lのゴミ袋2枚分の服を処分することになりました。前シーズンで着なかったコートの存在が大きいですね。

 

大量の本に比べたら微々たる量なのですが、重さの割にカサはあるので、だいぶクローゼットの中に余裕が生まれそうです。空いたスペースにカラーボックスを入れれば、その分部屋の容量は増えますからね。

 

正直、今年中に本棚には手を付けなければならないのですが、このファッション断捨離で【片付けをするためのスペース】くらいは確保できたと思いたいです。

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です