ケチケチショットノートは公式販売するべきだ

みなさんはキングジムのショットノートを使用したことはありますか。

使用されたことがある方で【ノートの中を切り取って枠だけ使いまわしたこと】はありませんか?

 

おそらく、ショットノートの使用経験のある方の90%がそういった使い方をしたことがあると思います。

 

自分の場合ですと、メモ帳サイズのショットノートにトレーディングカードを置いて撮影して、常に同じ大きさの歪みのないカードの画像データを作成してトレードやヤフオクの出品の際に使用していました。

 

でも、これってメーカーとしては推奨している使い方でもないし、何より利益になりませんよね?

 

それならいっそのことメーカーでショットノートアプリでのデータ化専用の枠を販売したらどうでしょうか?

 

硬いプラスチックの枠にショットノートのゲージを印刷した物をサイズ別に1枚300円くらい(一般的な無地の下敷きと同程度の価格)で販売するのです。ノートとは異なり雑誌の写真のデジタルスクラップブックとか自分が行ったような紙モノの同一サイズの画像データの作成にとても便利だと思うんですけど。

 

どうせ枠だけ自前で用意しちゃう人はいるんです。

 

それならメーカーもそのまま販売して会社の利益にするべきだと思いますよ。

 

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です