【アニメイト】の思い出

今や全国どこにでもアニメイトですが、自分が子供の頃は大きな街にしかなく、田舎町に住んでいる私にとってはアニメ雑誌の広告でのみ存在が確認された幻の店舗でした。

 

初めて入ったのは中学生の頃。パトレイバーの劇場版第一作のチケマガ(前売り券とCDと小冊子がセットになった限定チケット)を購入したと思います。その後もガンダムやマクロスプラスなどチケマガが発売するたびにアニメイトまで出かけた記憶があります。

 

基本的に一人で入ったのですが、平成元年の横浜博覧会の帰りに母と弟と立ち寄ったこともありました。あれが知っている人間と入った最初で最後のアニメイトだったなぁ……

 

ちなみに、店に入ったところでアニメグッズはほとんど購入しませんでした。こういう店に入る時点でなんなのですが、どうも気恥ずかしさがあったり、【こんなアニメの絵を全面に押し出したグッズ、どこで使えばいいんだろう?】なんていう冷静な部分があったことが敗因ですね(勝因かも)。

 

たぶん、アニメイトで一番購入したアイテムは透明の単行本用ブックカバーですね。現在はマンガの扱いなんてぞんざいなんですけど、昔はコレクションとしてキレイに取り扱っていました。

 

なお、現在はTOHOシネマズ海老名アミューあつぎ映画.comを利用した帰りにふらっと覗いてみるのがメインの付き合いです。アニメグッズが一般的になり、昔のような自社製品は目立たなくなりましたね。どちらかというとポイント交換で入手できる非売品グッズがメインでしょうか?

 

これからもアニメイトとの繋がりは薄〜く繋がっていくと思いますが、業界の最古参としてずっと頑張って欲しいです。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です