原作アニメの難しさ

本日ニコニコ動画でオーバーロード第1期の一挙放送がありました。

全話セットのBlu-rayを持っているので今更見る必要もないんだけどついつい見てしまいます(現在視聴中)。

しかし改めて視聴すると色々とアラが見えてしまいますね。

未完小説を原作としたアニメの難しさ

まず原作小説の内容を100%再現できません。

アニメ化に際しシナリオの全てを描いていないので当然のことなのですが、それを抜きにしても文章で語られている部分をアニメで表現していないんですよね。現時点で作者の構想にある伏線と思しき部分についてはフォローできていると思うのですが、作者の頭のなかにも存在しない【今後伏線へと化ける可能性のある隠れ伏線】については考慮されていません。

これは原作が完結していない以上避けられない部分です。アニメ会社が原作者の想像を超えた作劇をしないと超えられない部分です。

 

オーバーロードのアニメ制作会社であるマッドハウスは、昔【トライガン】で原作が完結していない時点でのアニメオリジナルストーリーで、この部分を乗り切って【原作とは異なるがアニメとして正解】な作品を生み出しました。

 

でも、今の原作付きアニメでそこまでの冒険はできないでしょうし、オーバーロードのような緻密なストーリーではオリジナル展開を描く余地はないでしょう。

 

もうすぐ始まる第三期はどうなるのでしょうかね?山羊の蹂躙まではやると思うのですが……

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です