完結まで出さないのなら書籍化しないでほしい

私は、なろうから書籍化したラノベを購入することが多いのですが、書籍化したにもかかわらず途中で続刊が出なくなってしまうパターンに遭遇することが多いです。

出版社は最後まで責任をもって書籍化する義務があると思うんですよね。

そもそも投稿している作者に対してサイト内のメッセージ機能を利用して書籍化のオファーをするのであれば、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神ではなく、編集者の眼力による【これならば売れる!】という確信がない限り手を出すべきではないんです。

ただ、書き手の側もそれに見合った責任は負うべきではあります。

書籍化のプレッシャーで投稿が遅れたりエタッてしまうのは言語道断ですし、安易にオファーに飛びつくのではなく、最低限ここまでは確実に書籍化するという契約は最初に結ぶべきです。

 

好きな作品は応援したいですし、出版社も作者も商業的に価値のある書籍化を目指してもらいたいところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です