映画を早く観る、遅く観る

タイトルの早く遅くというのは時間帯のことです。

ちなみに私は基本的に映画を早い時間帯で鑑賞します。

というのも私にとっての映画鑑賞はそれ自体が最大の目的だからです。

観たい映画のスケジュールに合わせて行動するので朝イチから鑑賞のためのスケジュールを立てます……もちろん席の確保から行うので予約が可能な2日前から鑑賞計画を立てることも多いです。

 

これがデートに組み込んだり仕事の帰りに立ち寄るような方ですと鑑賞時間は遅くなるかもしれません。映画鑑賞の優先度が下がるとまではいいませんが、他にするべきことがあったり時間が開いたりしか結果の鑑賞ですから。

 

ただ、個人的には映画を遅い時間に鑑賞できる環境にある方がうらやましいです。

 

これって日常生活に映画鑑賞が自然に溶け込めているっていうことですからね。肩ひじを張らず気軽に映画を観られるような環境があれば今よりももっと多くの作品に触れられるのになぁ。

 

まぁ、そういう人にとっては映画の価値も下がり、結果として映画への興味も低くなるのかもしれませんけど。

 

幼いころに漫画やゲーム、玩具を制限された反動で大人になってからタガが外れる人も多いですが、映画鑑賞も大人になってから映画鑑賞に適した環境になった人の方が作品の価値を理解できる映画ファンになるのかもしれませんね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です