カテゴリー
時事

北朝鮮ミサイル問題

北朝鮮がミサイルを発射したせいで今日もドッタンバッタン大騒ぎでした。

自分は試射を繰り返すことについては頭にきていますが、100万人を超える軍隊のマンパワーは豊富なものの、保有する通常兵器は旧式の北朝鮮にとって核ミサイルの所持は最も効果的な抑止力なので、保有すること自体は国家にとって正しい選択なのかな?と思っています。

ただ、このままこの問題が沈静化するとは思えません。

アメリカを始めとする各国からの圧力で北朝鮮が追い込まれるという問題もありますが、もっと単純かつ短期的な問題の発生が考えられるのです。

 

 

それが【ミサイル発射の失敗】です。短期間で次々とミサイルを発射している北朝鮮ですが、その国力から考えるとそうとな負担がかかっていると思われます。今まではある程度の結果を残せていますが、今後同じようなペースでミサイルの発射を繰り返すと、経済的負担と時間的負担でミスが生じる可能性も高まってくると思うのです。

発射後に安全な場所でのコントロールによる自爆ならいいですが、発射直後の地表近くで爆発でもしてしまったら北朝鮮にとって回復不能の大ダメージを負う危険があります。そもそも現時点でも私達から見れば貧しい暮らしをしている北朝鮮の人達にとって、一度のミスがそのまま【詰み】となる可能性が高いのです。

なんか世界を相手に敵対行動を取る金正恩氏の姿が粋がっているヘタレヤンキーのように見えてきます。自身を誇示したいと思うのは勝手ですが、自国民はおろか世界中を巻き込むのはやめてほしいです。

この行動はどう考えても自国の利益になっていません。

金正恩氏の決定した核保有が【思いつき】や【強がり】と思われたくないのであれば理性的な判断を期待します。

 


漫画・アニメランキング

 

 

 

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です