寄り道するのなら19時までには仕事を終わらせたい

久しぶりに残業が2時間で終わりました。ただ、19:30に仕事を終えたとしても、ロッカーまで移動してから着替えて駐輪場まで移動し正門から出るまでに最低でも10分はかかりますし、家や書店のある右方向へは安全のために出られず遠回りする必要があるので、いつも利用している書店の営業時間(コロナ禍で20:00まで)に間に合いません。

やはり寄り道するのであれば19時までに仕事が終わらないとどうにもなりません。

 

以前のように書店が22:00まで営業していれば何の問題もないんですけどね。この調子だとコロナが完全に収束しても営業時間は元に戻らないような気がします。

おそらく、早く閉店したところで店員の人件費負担と短縮した営業時間の売り上げを比較すると今の方が無駄が無いのでしょう。遅い時間だと立ち読みで粘る客もいそうですしね。

ちなみに、帰宅途中にはイオン秦野店の中に書店もあるので本日立ち寄ってみたのですが、ラノベを取り扱っていないようなので私には合いませんでした。昨年11月、246沿いの島屋書店が閉店してしまったのは痛かったですね。あそこはラノベが充実していたので。

とりあえず、仕事が早めに終わるか未来屋書店がラノベを充実させるか……はたまた伊勢原書店が営業時間を戻すかのどれかがないと、今後の実店舗書店での買い物の機会はますます減りそうです。

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。