プリンターの重要度は低下しています

部屋の全体的な片付けが一段落ついて本棚や机などの細部に進みだしたのですが、卓上のレイアウトを弄るうちにプリンターの重要度が下がっていることが気になってきました。

ぶっちゃけこんなに使用頻度が低いのであれば机の上に常設させる必要ないよね?

 

そもそも私が最もプリンターを使用したのは30歳前のカラオケ店で社員をしていた頃……各種書類の作成をプリントアウトしていた頃でした。

日々の客数や売り上げなんかの管理は全て書類で残していたのですが、まだまだ若い事業だったからか定型の書式も定まりきっておらず、毎月書式そのものからアップデートをしているような段階でした。今になって思い返すとコンプライアンスの観点から見ても自宅でこんな作業をさせるのはどうかな?と思えるのですが、当時はこれが普通でしたからね。

それが現在では書類仕事自体が無くなりましたしあったとしても会社のPCで定型の日報に生産数や時間などの数値を入力するのみで【自宅で仕事としてPCを使用する】という機会は無くなっています。

これが2、3年前だったらAmazonマーケットプレイスの出品に力を入れていたので出品票や商品ラベルの印刷でプリンターの使用頻度もある程度あったのですが、今ではほとんど行っておらず大口出品をする意味も無いような状態ですからね。

近いうちに卓上からプリンターを移動し、空いたスペースを利用して液晶タブレットと左手用コントローラーを常設させるようにレイアウト変更をしようと思います。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。