仕事の休憩時間いかに寒さを凌ぐか

最近は寒い日が続きます。工場内の私の担当部署はシャッターの近くのうえ、台車の出入りのため常時開けっ放しなので限りなく屋外に近い環境です。

それでも仕事中は動いているので寒さを凌げるのですが、昼休憩ともなると寒さが凄いです。

 

 

暖かい休憩室があるのであればそこで休むのですが、付近の休憩所は全て屋外にベンチが用意されているだけなので暖をとることは出来ません。ロッカーや食堂は暖房を入れているようなのですが建物が別なので移動が面倒です。

そこで休憩時間になると、担当部署の中で可能な限りシャッターから遠い奥まった所の床に発泡スチロールの板や梱包用のウレタンシートなどを敷いて休んでいます。工場の創立〇周年か何かに配られた記念品の中に、なぜか非常時に寒さを抑えるためのアルミシートが入っていたので体に巻いたりもしています。記念品にこれが入っていたのって【こういう時に使え】ってことですよね?

そこそも、現在の工場内に休憩室やトイレが無いのが問題なのです。この建物が出来てからまだ何年も経っていないんですけどね。

キレイなトイレや暖かい休憩所は現在隣に建設中の新工場の完成までお預けです。まぁ完成までは在籍しているはずなので部署移動が無ければ恩恵は受けられるでしょう。それまではアルミシートで我慢します。