歯科定期健診

夜勤明けに半年に一度の歯科検診を受けてきました。

ぶっちゃけると【これ本当に必要なのかな?】とは思っているんですけどね。

 

この疑問の根拠は【結局、ここ数年に虫歯になっていない】ということ。現在掛かっている歯科にかかることになった切っ掛けの奥歯のクラウン(歯の根や神経はそのままに土台の形に整形して義歯を被せる)も、元々あった被せ物が取れたからだし、被せ物の下も虫歯にはなっていなかったので【虫歯治療】という意識はほとんどありません。

一応、【まぁこの検診によって早期発見に繋がっている】という考え方も出来るんですけど、最近は歯石の除去もほとんどありませんし、糸ようじを使った歯の隙間の掃除の指導もされなくなってきました。

 

そのくせ、前歯の微妙に出っ歯になっていて汚れが取り辛くて色が変わっている部分は虫歯ではないということでずっと放置されているんですよね……別個の治療にしてお金を取りたいのでしょうか?

 

次の定期検診は7月なので変色部分については相談する予定ですが、別口での治療を薦められるようでしたら定期検診は止めようと思います。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です