ちょっと理解に苦しむ値付け

先日、B5ノートへ筆記の際に使うための下敷きを購入しました。

久しぶりに使うと想像以上にペンの走りも良くなったので、追加でA4とA5の下敷きも注文したのですが、ここで販売価格がおかしいことに気付きました。

 

こちらが最初に購入したB5の下敷きで396円。最初は100均で買おうともしたんだけど、取り扱っている商品が微妙に厚くてノートに段差が出来る感じが嫌でこちらを選択しました。

 

追加で注文したA5の下敷きは360円。なんとなく他のサイズと色を変えてみたんですけど、ポチってから青360円、緑460円、ピンク123円、黄160円のようにかなりの価格差があることに気が付きました。



同じく追加注文のA4下敷き、こちらの色は緑で値段は青368円、緑221円、ピンク221円、黄210円。

 

この価格差はなんなのでしょうかね?色による売れ筋があるのであれば色ごとの価格差というモノが発生するはずですし、サイズの違いが定価の段階から価格に反映されていません。

一応全部のアイテムを同一と思われるメーカーで揃えてみたんですけどイマイチ理解できません。

 

原材料の大判のプラスチック板のカットの面付けとか印刷なんかが関係しているのでしょうかね?……多分、この価格差に大した理由なんてないのでしょうけど理由が気になります。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。