スッキリ系動画で時間だけが溶けていく

YouTubeに課金をして広告を見ずに動画に集中する環境を手に入れてからかなりの時間がたちます。

ただ、最近の視聴傾向が耳掃除や歯石除去などのスッキリ系動画に偏っているのは気のせいでしょうか?

 

 

耳掃除、ピンセットでの角栓抜き、歯石除去、各種掃除、装蹄……とくに音声などを用いず淡々と移り変わる成果を流し続ける動画を見ていると、みるみるうちに時間だけが溶けていきます。

そういえば、私がもともと視聴していた動画も散歩や車載みたいにダラダラと続く物が多かった気がします。スッキリ系動画の場合、このダラダラに方向性ととりあえずのゴールがあるのが好んで見てしまう理由なのでしょうか?

この時間泥棒なジャンルはYouTube内にあるコンテンツも膨大なうえ、常に新しい動画がアップされ続けているので尽きることがありません。

自分自身が綿棒で溜まる前に耳垢を取ってしまうタイプなので疑似的に体験できるというのも見続ける理由なのかなぁ?

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。