映画を求めてどこまで都会に近付けるか?

未だ収まることのない新型コロナウイルスですが、そんな中でも可能な限り映画鑑賞は続けています……ただ、さすがに人出の多い地域の映画館はリスクを考えて近付かないようにし、近場の客数の少ない(失礼)映画館で鑑賞するようにしています。

それでもマイナーでミニシアターとシネコンの狭間で揺れ動くような作品だと大都市の映画館でないと鑑賞することができません。

感染リスクを考えると映画を求めてどこまで都会に近付けるのでしょうか?

個人的な縛りではあるのですが、東京23区、横浜、川崎はアウトとして近付かないようにしています。

地元から東京に出るとなると小田急線で新宿に出るのが一般的なのですが、人出の多い新宿を経由するとなると東京23区のどこにも行けそうにありません。途中乗り換えで渋谷に出たり、日本橋に出たりしても行きつく先は人の洪水ですからね。

東京でも立川や昭島は比較的人出も少ないので積極的に足を運ぶことはしませんがギリギリセーフにしています。kino cinémaやシネマシティは代えの効かない映画館ですので。

109シネマズグランベリーパークは相模大野から直通バスを利用すれば人通りの多い地域を通らずに通えるのですが、肝心の映画館にかかる作品が109シネマズ湘南で代替可能なので4DX Screenで鑑賞したくなるような作品がかかるまでは利用することは無さそうです。

横浜は横浜駅を経由するものはアウトにしています。TOHOシネマズららぽーと横浜は駅の規模から考えてもセーフですよねw……個人的には横浜ブルク13は利用したいんですけどねぇ……バルト9に近づけないんで。

川崎も駅周辺の3館はアウト、新百合ヶ丘はセーフ。

 

とにかく早いところこの騒動が収束して、気兼ねなく都会の映画館に通いたいものです。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です