今後は109シネマズも利用していくつもり

本日、異世界食堂2の先行上映会で109シネマズ湘南まで出掛けました。

この映画館は半年ぶりに利用したのですが、意外と使いやすいので今後は海老名の映画館の代替になりそうな気がします。

その理由は次のとおりです。

 

 

距離的な問題

海老名の映画館と辻堂の映画館を比較した時、かかる時間と交通費がほぼ同じです。私が住んでいる中井町から海老名と辻堂に向かうには、それぞれ秦野駅から小田急線を利用して海老名まで27分/290円で移動するか、二宮から東海道線を利用して辻堂まで24分/330円で移動するかです。最寄り駅までは原付を利用するのですが駐輪代はどちらも200円です。距離は辻堂の方が遠いのですが原付+電車で比較すると同じくらいです。

 

別のシネコンという利点

海老名はTOHOシネマズとイオンシネマなのですが、TOHOは小田原にもありますしイオンは座間にもあります。109シネマズは別会社ということもあり、この2つのシネコンとは上映ラインナップに違う味が見られます。異なるシネコンが近所に2つあることに比べると鑑賞候補は狭まりますが他所とは異なる毛色の作品を観るにはよいでしょう。

 

IMAX

自宅から足を運べる映画館で一番近いIMAX導入館です。現在はIMAXレーザーへのアップグレードのため休止中ですが、10月1日から開始されるので007の最新作はここで観ることになりそうです。

 

ということで、今後は109シネマズ辻堂を利用する機会も増えそうです。ただ、新作だと前売り券やポイント入場で多少の制限がかかる場合もあるので多少の注意も必要かもしれませんね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。