結局、月にいくら稼げればよいのだろう?

私は肉体労働者で毎月の給料は約30万円です。

独り身なうえに実家暮らしですので自分の自由にできるお金にも余裕があります。日々の生活に不自由はしていませんが、逆に言うと結婚して子供がいたりしたら物足りない収入ということになります。この収入だから結婚に踏み切れなかったのかもしれません(さすがに過去には結婚しそうな相手もいました)。

じゃあ結局、月にいくら稼げればよいのだろう?

100万円万能説

子供の戯言で例に挙がる高額な金額の最低ラインに【100万円】という金額設定が存在する気がします。これを超えると【100億まんえん!】とか【100超円!】のような非現実的な数字になります。

この現実的な高額と思われる数値【100万円】というのは意外に説得力のある数字なのかもしれません。実際問題、年収1000万円越えというのは具体的な成功の証になります。ただ、私を含めた普段から裕福な暮らしに縁のない人間にとって、収入というのは【手取り】であるので、実際に給料で100万円支払われても手元に残る金額についてのイメージが湧きません。

その昔、アフィリエイトが話題になった頃、いつかは給料以上の収入を得てセミリタイアし、好きなことをやって生きていきたいとか妄想したこともあるんですけど、その時のイメージが【手取りで100万円】でした。税金についてのイメージが湧かないうえに、実際にどのくらい支払うことになるのかすら調べない時点で現実味は無かったのだと思います。

 

ちなみに現在はせどりやアフィリエイトで月3万円程度の副収入が精一杯です。仕事がもう少し楽になったら肉体労働が出来なくなるまでに本格化したいところなんですけどね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です