コンタクトレンズを使う日がない

2020年の11月28日に注文した使い捨てコンタクトレンズを受け取ってから今日までの間、未だ使用したのは8セットだけです。

いったい何のために購入したんだろう?

購入の翌日、このコンタクトを始め装着して映画鑑賞を行ったのですが、その際は3本ハシゴに耐え切れず、途中でコンタクトを外し眼鏡に切り替えました。

その後はハシゴをせずに映画鑑賞をする場合や、単純に買い物だけの用事の日を見繕ってコンタクトの装着に慣れようとしたのですが、やはり自分には合わないようです……そりゃ人生の2/3以上、眼鏡で生活しているんですからねぇ。

 

そして今年の春からはしばらく花粉症の影響でコンタクトの使用を控えるようになってしまいました。3月から5月までは時期的にどうにもできません。体質改善で影響は出づらくなったといえども実際に花粉は飛んでいましたし眼にも入るでしょうから。

今月に入って使用を再開してはみたものの、すっかりコンタクトの使用感を忘れてしまいました。また一から慣らしていきたいのですが週末は映画のハシゴで忙しくてそれどころじゃないかもしれません。

 

ただ、このコンタクトの使用を控えるのは、目に合わないという理由以上に【想像したよりコンタクトではよく見えない】というのが問題なのだと思います。

 

なんの根拠か分かりませんが、私はコンタクトさえ着けていれば視力の良い人が裸眼で周りを見るのと同じレベルで見えるものと思い込んでいました。少なくとも周辺視野の関係上眼鏡よりは見えると。

ただ、実際は全体的に見えるようにはなってもスマホくらいまで近くの物はかえってぼやけますし、そういったときに小まめに着けたり外したりができないコンタクトは手軽さという面で眼鏡に劣ります。

 

なんか、このままじゃホント散髪と買い物の時くらいしかコンタクトを使わなさそうです。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です