映画の感想ノートについて考える

昨日、映画大好きポンポさんを鑑賞した際、私としては珍しくグッズを購入しました。購入したのは【万年日めくりカレンダー(1760円)】【杉谷庄吾イラスト チケットホルダー風 小物入れ B】(2580円)【シネマダイアリー】(770円)の3点です。

正直【安い】買い物じゃないので結構思いきりましたw

ただ、本命は一番安価な【シネマダイアリー】(映画鑑賞記録ノート)です。

私が映画の鑑賞記録を書き記しているのは、日々色々な記録やらアイデアなんかを雑多に書き記しているノートです。

ただ、綴じノートに初めからびっしり書き込んでいる関係上、ノートを【書く】こと自体が目的になって【記録】という意味合いは薄れている気がします。

そこで映画の鑑賞記録のような固定ジャンルで枚数の多くなる内容の記述に関して1冊のノートにまとめようと色々と考えてみたのですが、それ専用のノートに【これは!】と思える商品がないんですよね。

一時期、LoFtで専用棚で陳列されていたワナドゥ手帳に映画鑑賞記録用の手帳があったのですが現在は廃版になってしまったようです。

また、Amazonで販売されているシネマ・レビュー・ノートやらムービーブックなんかは【たったの1ページで何を書けばいいんだよ!】と文句を言いたくなる構成でお試しでも買うのがもったいないです。

 

そこで【映画大好きポンポさん シネマダイアリー(正式商品名は不明)】なのですが、キャラクターグッズなのでアニメの絵柄なんかが書き込むスペースに描かれているのは正直邪魔に思えるのですが、1作品について用意されているページが見開きの2ページというボリュームだけでもポイントが高いです。

いずれ映画感想専用のノートやリフィルを作るつもりなのですが、その際の参考にしたいと思います。

ちなみにキャラクターグッズとはいえノートなので問答無用で使用するつもりです。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です