映画鑑賞中の災害対処

本日はファーストデーということでTOHOシネマズ小田原で映画鑑賞をしてきました。

その最中に宮城県で震度5強の地震が発生したということで小田原も震度2から3の地震がありました。まぁぶっちゃけ揺れは感じたのですが、TOHOシネマズ小田原は立地の関係で新幹線の通過でも揺れを感じることがあるので地震との差異は判断しづらいです。

避難や上映注意までとはいかなくとも、映画鑑賞中に災害を認識するお知らせみたいなモノは必要あるんじゃないかなぁ?

設備を追加しなくても対応可能な手っ取り早い手法としては【非常灯を点灯させる】ことでしょうか?可能であれば光量を落として光らせれば災害の発生を知らせつつ上映の邪魔にならないと思います。

ただ、これは劇場前方に非常口や非常灯が設置されている場合しか使えない手法なんですよね。それともこの手の表示は前方に設置する義務とかありましたっけ?

確か、昔は非常灯が点灯したまま上映していた時代もあったんですよね?遠い記憶だとアポロ13を観た時は点きっぱなしだった気がします。バックが暗い宇宙モノなので緑のピクトグラムが妙に目立っていた気がするんですよね。新宿歌舞伎町の成人向け映画館のオールナイトでは上映中ずっと【禁煙】の表示が点灯しているうえに全然守られずにタバコを吸っているオッサンがいたのも覚えていますw

 

ちなみに一定以上の揺れが発生すると上映は停止して劇場内の照明は自動点灯します。これは高熱を発する映写機の安全装置の設定なので、たとえ上映の途中でも係員の指示に従って避難するなりの対処が必要となります。

できればそこまでには至らない災害でも何らかの方法で観客へのお知らせはお願いしたいですけどね。

 

 

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です