紙の本は出来るだけ行きつけのの書店で買いたい

最近はマンガの単行本も電子書籍で購入することが多くなりました。

それでも紙の本を購入する場合は可能な限り行きつけの書店を利用することにしています。

私がよく利用している書店は伊勢原書店秦野店です。

帰宅途中に寄り道できる立地と、なろう発の大判ラノベが充実しているのでこれまでもよく立ち寄っていましたが、500円分購入するごとに押印され(木、日曜日はWポイント)70ポイントで500円分の金券がもらえるスタンプカードが、今月から【現金支払いの場合、常にWポイント】になってますますお得感が出てくるようになりました。

基本的にカード支払いをするのはネットでの買い物の時だけで実店舗での買い物は現金支払いを基本としているので、この変更は渡りに船です。Wポイントデーに合わせて買い物に行く日を調整したりする必要もなくなったのでいつでも気軽に立ち寄れるようになりました。

ただし、今週から日勤は毎日残業になり作業終了が19:30となってしまったので、コロナ対策で20:00閉店となっている現状だと帰宅途中に寄り道するのは難しくなりました。今後は基本的に土日に買い物をすることになりそうですね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です