映画【ガールズ&パンツァー最終章第3話】感想

鑑賞情報

2021年3月27日13:00〜

TOHOシネマズ海老名 スクリーン7

F-8

夜勤明けに鑑賞してきました。ずっと楽しみにはしていたんだけどエヴァとは異なり考察とか気にする必要のない作品なので気楽に観られるのはいいですね。

それでは感想です。

 

知波単大躍進

物語の都合上試合の結果については納得できるのですが、そんな中でも知波単はガルパンおじさん(映画館、私を含め年齢層高めでした)に十分な存在感を示せたのではないでしょうか?

残念ながら悲願達成の喜びから試合前の【胸を借りる】という気持ちが蘇ったからなのか最後の最後にしてやられてしまいましたが、劇中でも無能担当としか思えなかった知波単はもういません。

 

これなら劇場版公開後すぐに出たアンソロジーで継続に出番を全て持っていかれた雪辱も果たせるといったモノです。

 

その他2回戦

全て順当……この勝敗以外に描くべき結果なんて存在しなかったでしょう。

ただ、黒森峰は観戦している2人が驚くほどの強さは見せていないと思います。少なくとも試合序盤はダメダメで【これ本当に強豪校なの?】と疑問に思えるような体たらくです。

アンツィオは逆の意味で期待を裏切りません。そこに知波単に倣った善戦なんて必要ないのです。

継続は予想通りのネームドキャラクターが登場して3回戦進出。フィンランドをモデルにしている以上、シモ・ヘイヘモデルのキャラは出るんじゃないかとみんな思っていましたからね

 

3回戦スタート

2回戦終盤で無双したあんこうのまさかの結果に驚きを隠せない展開。

この状況でまた1年以上待つことになるの!?

全ての車両が前線指揮官になりうる大洗戦車道チームの総合力が試されますね。

 

総評

80/100点。楽しみにしていた作品なので贔屓目評価は隠しません。マイナスポイントはやっぱり時間が短いことと次回まで待たせられること。これがファフナーと同じくらいのペースで上映してくれたらなぁ。

とりあえず、あと3枚ムビチケを持っているので時間を見つけてまた鑑賞するつもりです。

ちなみに入場特典はアヒルさんチームでした。

 

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です