電動バイク修理~走行中の異音が解決しました

本日、夜勤明け(定時2:15のところ残業4.75時間で7:45終了)に電動バイクの充電が完了するまで仮眠してから小田原のバイク購入店に事故後の修理見積をお願いするために自走してバイクを持ち込みました。

ヒビの入った外装の交換は替えの部品があるのかメーカーに問い合わせないとならないので結果は出なかったのですが、走行中どころか押して進むだけでも前輪から聞こえていた異音はあっという間に解決しました。

 

主な原因は転倒の結果、前輪が微妙にズレていたようで、ブレーキディスクとブレーキパッドが斜めに接触して音を発しているとのことでした。

解決手段はハンドルを持って前輪を地面から浮かせ気味にして持ち上げてから前輪に横から蹴りを入れるという【昭和の電気製品に対する対処法】のような方法でしたw……軸が曲がっていたり、部品が破損していたらどうしよう?とか思っていたんですけど、ここら辺は【転んだバイクあるある】な対処でどうにかなるということで解決して良かったです。

 

ところで、満充電でも現時点のバッテリー性能では自宅まで戻るのは難しいと判断してバイク店で1時間半ほど充電させてもらってからスピードモード1(30km/h程度しかスピードが出ない代わりに長距離走るモード)で小田原から帰宅したのですが、バイク店から13.km走行し自宅まで残り2.7km地点でバッテリーが切れてしまいました。

運よく近所に知り合いがいたので充電をさせてもらったのですが、数分では不安なので明日に取りに行くことになりました。

 

最後にオチはついてしまいましたが、とりあえず普通に走るのは問題が無くなったのでひと安心です。あとはバッテッリー問題ですね。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です