映画館のグッズでトレーディングカード売りませんか?

最近は映画館でのフード販売も下火です。キノシネマのようにフードとドリンクの販売を止めてしまう所さえ出てきてしまいました。

そこで新たな映画館の収入源としてトレーディングカードの販売をしてみてはいかがでしょうか?

映画館のロビーには今後上映予定の作品のチラシが置いてあり、自由に持ち帰られるようになっているじゃないですか?

以前から考えていたのですが、アレって非常にもったいないと思いませんか?あのチラシにどのくらいの費用対効果があるのか疑問です。

しかも、無料でもらえるチラシを大量に持ち帰ってオークションで販売する人すらいます。束で持ち帰る転売ヤーまでいるのでプロモーションとして正しく機能しない場合すらあります。

ただ、無料のチラシにお金を払う客までいるのであれば、コレクション性の高い紙モノであるトレーディングカードであれば積極的にお金を出してくれるのではないでしょうか?

販売方式は売店でパックorボックス、もしくはカードダスでお馴染みのベンダーをロビーに設置して行います。基本はベンダーでいいんじゃないでしょうか?ミニシアターでも人件費に負担がかかりません。

コレクション性を高めるため、子供向けのカードより値段は高めにして加工を豪華に……そしてなによりサイズをトレカの規格に合わせて欲しいです。

ベンダーでの希望販売価格は2枚で100円です。もちろん時々特殊加工を施したレアカードを混ぜてもらえると嬉しいです。

ちなみにこれとは別に新作映画のプロモーションカードを用意してもいいかもしれません。こちらはベンダーを通さず入場時に配布するなり、後でチケットにスタンプを押す代わりに貰ったりすれば良いでしょう。

ロビーに置いておくのはお勧めできません。チラシと同じで転売ヤーにごそっと纏めて持っていかれるのが関の山です。

とにかく映画のカードが欲しいです。日本の【コンプリートしてなんぼ】のトレカとは異なり、アメリカのベースボールカードのように【自分の好きな物だけ】を収集する【意味と価値のある】コレクションになるでしょう。

マサカズ

otagoto.com

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です