クラウドファンディングで支援する前にすること

最近クラウドファンディングで支援(という名の買い物)をすることが多いです。

さて、クラファンで購入の前に一度確認しておきたいことがあるのをご存じでしょうか?

それが【商品名の検索】です。

実店舗の窮状を助けるようなタイプの支援なら気になった瞬間にポチってもかまいません。

この週末にも【新型コロナによる減収に負けじと奮闘中!特典満載の会員限定募集!【下高井戸シネマ】】に支援を行いました。

ですが、これが【外国で人気の商品を日本に紹介する】というタイプだと、実際に本国でどのくらいの価格で販売しているのか確認してから支援をするのが無難です。

たとえば最近のマスク再使用問題から紫外線による除菌ライトやそれを組み込んだ乾燥ケースが紹介されていますが、海外では各種メーカーで取り扱っているので安価で購入することが出来ます。

ちょっと調べたらマクアケで紹介されている【除菌対策】マスク、身近な物をピカッと99.9%除菌!『UV+』早期お届け!というアイテムはGearbest2000円以下で購入することが出来ます(確認時で1861円/送料無料)。

色はランダムですし、マニュアルはおそらく英語でしょうが、単純な使用法ですし問題はないでしょう。

私なら欲しくなったら海外からの通販で購入するタイプの商品です。

 

これが日本語版としての特典が付いていたりすると、多少値段が上がっても国内版を購入したくなるんですけどね。

具体例を挙げると自宅がトレーニングGYMになる!これ1つで様々な強度・種類のワークアウトが可能!という商品は現時点での支援(販売)価格は12800円で、海外の通販では最安値59.95ドル(6442円)すが、国内向けの価格なうえ在庫切れですし、もし購入できるとしても送料がかかります。日本語版の詳細な運動方法のマニュアルも無いのでクラウドファンディングでの購入にも価値があるのではないでしょうか?

 

どうやら海外の商品を紹介するといった形でクラウドファンディングサイトに登録し収入を得るといった形のネットビジネスモデルが作られつつあるようです。

個人的には多少の商売っ気を出しても全く問題ないと思うのですが、あまりに元々の価格と差をつけてしまったり、日本語マニュアルや保証を付けない安易なビジネスは自然と淘汰されていくと思いますね。